「イギリスのEU離脱」騒ぎについてトレーダー目線で思うところを書いてくね

イギリスのEU離脱で相場が随分と荒れましたね。そんなこと国民に決めさせんなよ!とか思うところは色々ありますが、トレーダー目線で今回の出来事を振り返ってみます。将来の自分のためにも。

ダダーと書いていっちゃうので読みにくかったらごめんね。先に謝っときます。

スポンサードリンク

スーパー荒れ相場はやるべきか?やらないべきか?

どっちでもいいんだけどね。それぞれのスタイルがあっていいと思ってます。個人的には傍観姿勢でいいと考えてますし、実際に傍観しておりました。荒れ相場でも冷静さを保てるという猛者はガンガン取引をしてもいいんだろうけどね。チャンスであることには違いないし。ただ、僕は異常に荒れている相場は様子見にするスタイルです。

大損か、大儲けか、この領域にはなるべく首を突っ込みたくないところ。チャートだけ見ながら茶でも啜ってるというのがベストプラクティスだと考えてます。

ある程度分かっていた「荒れ」だったしね

特に今回の「荒れ」は「イギリスのEU離脱に関する国民投票」ということで、荒れることが予想されていました。FX会社からも注意喚起のメールがたくさん来てたね。

参加するかどうか、するならどういう行動を取るのか、参加しないけどチャートはみる?それも完全に無視する?などなど、準備期間はありました。僕の選択肢は「遊びに行ってしまおう!」でした。

「イギリスのEU離脱」騒ぎの前日・当日、僕がしてたこと

前日はキャンプに行って飲んだくれてました。たまたま、バイナリーをしている友人がおりましたので1時間に1回くらいチャートを見て「おおぉ!危ねぇ動きしてますなぁ。」などと言いながら、ボラボラチャートを肴に酒を飲んでました。

トレード環境がバッチリ整った状態でボラボラされるとやりたくなってしまうしね。離れておこうと。

とはいえ、全くヤキモキしていないかと言えばそんなこともなく。ウズウズはするよねw トレーダーだしね。本業ですので。

当日はというと、キャンプで疲れて寝てました。昼の3時くらいに目が冷めてチャートを見たという具合です。

たくさんの人がFXを辞めただろうな・・・おっかないね

「EU離脱」関連のキーワードが美味しいというのも手伝って、ネット上では随分と盛り上がってましたね。種を飛ばした人や大儲けした人がたくさん出たんだろうね。

「Noロスカット難平の術」を使って利益を上げていた人の殆どは飛んでしまったんじゃないかな。No LC, No Lifeだな。NLNLだな。おっかない。

FXの怖さを忘れるべからず!だね

スイスフランの爆騰の時も同じことを考えましたが・・・おっかないね。数ある金融商品のなかでもFXのおっかなレベルはかなり高いです。

ここでいう「怖さ」というのは、FXや株式などをしたことのない人が持つイメージとしての「怖さ」とは別の種類のそれだと思っています。なんというか、得体のしれないものに対する漠然とした恐怖ではなく、FXを生業としている人が持つべき怖さ・・・「畏敬の念」みたいな。

この怖さをしっかりと胸に焼き付けて、かつ持ち続けていないと、フトしたダメなトレードでも退場しかねない。それがFXです。

やっぱ逆張りはアカンなと見せつけられる

僕はどこまでも順張りトレーダーです。理由は単純で逆張りで出た損失が必要以上にムカつき心に落ちないから。つまり熱くなりやすい。

では、仮に僕が「EU離脱」騒ぎにトレーダーとして参加する!という選択をしたとして、バイーン狙いの逆張りを1回もしてないだろうか?と想像してみると・・・、あんまり自信はないんだよね。

なんとなく、本当になんとなく、もはや反射的に逆張ってしまう時はあります。それが良いとか悪いとかはどうでもいいんだけどね。

一発で飛べるな・・・・と。

友達に随分と心配されたw

急落・急騰などの騒ぎが起こるといつものことですが、「アンタ、為替相場がえらいことになってるけど大丈夫なん?」という連絡を頂きます。

大丈夫です。生きてますw ありがとう。

メディアについて

メディアの報道の仕方が非常に興味深かったりしました。FXを生業にしているものとしては、「イギリスのEU離脱」のインパクトの大きさは前もって予想できることです。しかし、その割にはそこまでメディアは騒ぎ立てていませんでした。舛添さんの方が目立ってたよねw 

僕が持つインパクトの大きさと、メディアでの扱いにすごい違和感を感じていました。いやいや、もっと大騒ぎな問題だぞコレは・・・と。

結局相場は大荒れで、破産者がたくさん出ましたと、怖い怖いと、ここからメディアはどこもかしこもEU離脱をネタにし始めた印象です。特にデータとして調べたわけでなく、僕の印象でしかありませんが。

何が興味深いかというと、結局メディアというのは実際的な問題よりも、人の感情を狙って動いてるんだね、ということ。ビジネスなので仕方ないけどねw 非常に興味深い。

最後に・・・しばらく様子をみることにしますw

EU離脱の荒れ相場の後、どうなるか楽しみにしてましたが方向感はありませんね。しばらく相場とは距離をおいて様子見姿勢を強めて行こうかと思ってます。ボラはあるからトレードできないわけではないんだけどね。もう少し落ち着いてから参加する予定です。

来月から数ヶ月海外をフラフラしにいく予定ですので、よく分かんない相場でイライラしたくないしね。

この稀有な相場に参加した人も、僕と同じように手を出していない人も、生き残ったからって調子に乗ってると明日は我が身だからね。身を引き締めて頑張ってまいりましょう。毎日少しずつでも学びながら。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする