タイのパンガン島でトレード中なのでネット環境とか書いてく!あと、、またぶっこいたのでそのこともw

タイ・パンガン島の夕陽1

現在、タイはパンガン島というところでまったり過ごしながらトレードをしたり、ブログを書いたりしている。インドネシアでトレードスタートした初日にしっかりとぶっこき、インドネシアを発つ前にはコツコツと取り返し、そして出国前日にまた同じ額をぶっこいたw 

「心」がモノをいうトレードにおいて、旅をしながらFXをするという難しさも確認できた。今回の反省と、パンガン島(タイ)のネット環境なども合わせて記事にしていきたい。

スポンサードリンク

旅中は「心」のドアが全開になるから敏感すぎる時はトレードするべからず!

タイ・パンガン島の夕陽2

インドネシアでは友人と1ヶ月くらいフラフラした。日本にいる時、いつも自分の周りにあった何か。それらは無くなり、新しい何かがいつも自分の五感を刺激する。「心」のドアはフルオープンになるし、そうなりたいとも思っている。日常に埋もれた状態では開くことが難しい「心」の深い領域が開く。旅の醍醐味だと思う。

インドネシアを発つ前日。すでに一緒にいた友人は帰国して僕は一人だった。友人と過ごした時間、インドネシアで出会った人たち、いい思い出、嫌な思い出、美しすぎる夕陽、いろんな思い出が生み出す感情は一気に「心」へと流れ込んでくる。

旅先で感じるモノって凄く不思議だ。ゆっくりと、優しく肌を撫でるそよ風が「心」を強烈に刺激する。静けさの中の鳥のさえずりが、刺すように聴覚を刺激する。優しさと厳しさ、静けさと音、色々な相反する事象が全てソコにあり、その多くを「心」は捉えようとする。

一言で表現するとね。「心」が超敏感になってるw 喜怒哀楽が8割増位になる。長い時間を過ごした恋人と最後の瞬間を迎え、色んな思い出が心の中に流れ込んでくる。そんな状態に似ている気がする。「心」がとってもカラフルになるのだ。

トレードに話を戻す。勝ったらとっても嬉しくなっちゃうし、負けた時のムカツキも大きい。トレーダーとしては非常に宜しくない心理状態だと言える。ということでトレードを開始した初日にぶっこいた分を、コツコツ旅中にトントンまで戻し、そして出国前日に同じ額をやらかしたw

もし、「心」がいつもよりも敏感になっていると認識できている時はトレードは休憩するべきなのだ。ある意味で分かっていたことでもあるけどね。実感として確認できた点はよかった。

タイ・パンガン島のネット環境は結構行けるぞ!ただ、SIMかWi-Fiは別で備えといた方が安心

タイ・パンガン島の夕陽3

タイではパンガン島にしか滞在していないので、他の地域でのネット環境は分からない。インドネシアで出会ったノマドワーカーの話によるとチェンマイはノマド民のバブ的スポットでもあるらしい。

因みにパンガン島とはココ。

パンガン島とはタイの東側にある、大きすぎず、小さすぎない島だ。15年くらい前まではヒッピー色が濃い島で、リゾート感も薄かったらしい。現在のパンガン島は随分とリゾート化が進み、でっかいホテルなどもあるし、引き続き建設中なのでもっとリゾートになっていくのだろう(プリーズ・ストップ)。

ということでネット環境は悪く無い。リゾートホテルではもちろんだが、1日500バーツ(1,500円)くらいのバンガローでもネット環境は整っている。ディトレードをするには全く支障ない環境であるといえる。恐らく、一泊500円くらいのドミトリーでもネット環境は悪くないと思う(実際に宿泊していないので分からないが)。

ただ、念の為にSIMカード(あるいはWi-Fi)を購入することをお勧めする。今回はサムイ空港で9GBのデータ通信ができるSIMを購入した。2,000~3,000円程度で20分の通話もサービスとして付いている。ホテルやバンガローによってはネット環境が不安定になる時があったりする。かつ、時たま停電になったりもする。既存のネット環境が使えない時に、自前の環境を備えておくことは一つのリスク回避にもなる。あと、単純にどこでもネットに繋がるのは非常時に強いw バイクで道に迷った時に何度Googleマップに助けられたか分からないw

後数日で帰国しまふ。変わらずベストを尽くしてやってこうね。

タイ・パンガン島の夕陽4

約2ヶ月間、長いようで短いこの期間。帰りたいようで、まだ帰りたくない。また、行きたくなったら1ヶ月か2ヶ月フラフラと出かけるのだと思う。

今回、東南アジア(インドネシアとタイ)でトレードをしていて上手くいったり反省したりしながら確認できたことがある。ネット環境の違いや、その他いろいろな状況に違いはある。しかし日本でも、海外でも、「前の日よりも今日、今日よりも明日」自分のトレードができるようにベストを尽くすという点は変わることはない。

自分で書いていて「当たり前やろが!」とも思ったりするが、当たり前のことを当たり前に行うことがFXの難しい点だったりもする。日本に帰ってからもこの気持を大切に頑張っていきたいと思う。

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする