「どうして自分だけ感」て今もある(笑)そしてこれからも。

2840194912_a86c01a65a_z

チャートを見ていると何かしらの抵抗を見つける。買い支えられている場所。売られている場所。

その抵抗よりも強い逆のポジションが大量に入ると、いわゆるポジションを巻き込むという動きも手伝ってブレイクアウトとなる。

ブレイクアウトを狙うのか、抵抗の一部としてポジションを建てるのか、個々人でスタイルがあっていいと思う。

ただ、何をしてもロスカットは避ける事が出来ない。過去のチャートを見ていると明らかに、ココで入れば取れるやんか!というのを見つけることができる。

でも、自分がエントリーするとスコーンとストップに到達する。こう思う。「なんでオイラがポジションを取るといつもそうなの?」

昔はよくそんな風に思った。そして、今も結構思う(笑)ただ、心の落ち具合を比べると、今と昔はずいぶんと違う気がする。

昔は本気で「自分だけ」と思っていた。自分が下手だから、そういう場所でエントリーしているだけなのだと。今は、なんというか、冗談の一部のように思う。「おいおい、またオイラを駆っていきますか!相場ですな。」と

口の悪い、でも結構大切な友達に「アホちゃうかお前。」と言われているような。その「アホ」は別段、侮辱や軽蔑を表す言葉ではなく、ある種の友情を示しているような。そんな感覚。もちろん「アホ」と言われ過ぎたらムカムカしたりもする(笑)

「アホ」と言われて、「お前っぽいね。」と思ったりする。絶妙なロスカットを食らって、「相場っぽいね。」などと思う。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする