早めに着地地点に戻らんといかん。ヌルヌルぬるんちょ。

最近、自身のトレードにおいて反省すべきことが多い。少し気が抜けているのは言うまでもない。自分の考えをまとめるための雑記なので適当に読み流してちょうだい。

スポンサードリンク

上下が激しいので目線がブレやすい

メインで触る通貨はドル円とユロドル。どちらも、1時間足などで見ると上下が激しい。自分のトレードを考えた時に、もともと目線が決めづらい相場状況であるのは自覚している。

とは言え、最近の自分のトレードを見てみると、自分の決めた目線とは逆のポジションを取ることが何度かあった。

つまりは、下手くそ

ヌルくなる次期があったりする

これは、トレーダーなら誰にでもあることだ。自分のシナリオやルールのシビア度合いが下がる時期。

原因は色々なのだと思う。連勝してヌルくなることもあれば、相場と関係のないところで・・・ということもある。個人的には、シビアさの波というのは仕方がないと考えているので、ロスカットをしっかり行なっていれば問題は少ない。

しかし、なるべく早くに「自分の着地地点」にしっかりと戻らなければいけないとも自覚している。

自分の着地地点とは?

「自分の着地地点」とは何かというと、「これだけやっとけばトータルでは浮く」というトレードのこと。

何年もチャートを眺め続けているとそういうのがあったりする。「これだけ」というのは、詰まるところかなりシビアなポイント。

着地地点に素早く戻す技術とその難しさ

トレードとは何をしても利益にも損失にもなる。自分の信条に則ったトレードをしても損失が続くつらい時期もあれば、ぽけぇと適当に取ったポジションが利益になることも多々ある。

また、完全に、100%ルール通りだ!と確信してポジションを建てることは、少ないとは言わないが多くもない。相場は常にその時その時の圧力で形作られるので、類似はしていても完全に折り重なることはないからだ。

このあたりが「はよ、着地地点に戻らないとまだ減るな。よし戻そう」と思った時点から、実際に戻るまでを困難にしたりする。

どれだけ素早く見切りを付けて、本来あるべき自分のスタイルに戻すのかと言うのはFXにおける技術であるといえる。

気合を入れなおして頑張ります。相場と共に少しでも生き残ることを目標にしながら。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする