FXでは利益と損失の両方に「いい」と「アカン」が常にある!トレード内容の大切さ

毎日チャートを眺めてクリックしている。その日のトレードが利益になる時もあれば損失になることもある。当たり前だなw 

FXをする目的はお金を手に入れることだ。ただ、単純に利益になればいいのかというとそうでも無かったりする。自分の中で、利益と損失の両方に「いい」と「アカン」があったりするのだ。

今回はFXトレードにおける利益と損失の「いい」・「アカン」を考えてみたい。

スポンサードリンク

FXの利益や損失には「いい」と「アカン」があったりする

7878279184_0d4aa074de_z

「いい」や「アカン」をルールに沿っているかどうか、と捉えてもいいが少し違う気もしている。もっと根本的な規律のことを指しているように感じる。ちなみに、ルールに関しての考え方やルールそのものについては、個々人が違ったモノを持っていたらよいので、何が「いい」のか、何が「アカン」のかは個々のトレーダーによって異なる。

「いい」トレードによって損失が出た日は、存外清々しい。心は穏やかだ。逆に、「アカン」ことをして利益を得た日はソワソワしたりする。もう少し詳しく説明してみる。

「アカン」ことをして利益を得る

その日の収支が赤い。少しだけ赤い。こんなときはポジションをねじ込みたくなったりする。何となくねじ込んでしまう。FX口座の収支は黒くなった。その日のトレードが利益になった。

これは「アカン」利益だ。凄くソワソワする。その日の収支は黒くなったが、近い将来に大き目の損失が待ち構えているのを知っているからだ。

FXでストップをずらしてしまったことは無いだろうか。みんなあるw そして利益になってしまうことも。「アカン」利益だ。

その日一日を鼻くそのような利益で終えるよりも、トレーダーとしてのプライドを保った方が長い目で見るとボロ儲けなのだ。単純に「利益」だからいい、という訳ではない。

「アカン」ことをして出た損失

「アカン」ことをして損失を出すこともある。これは「アカン」ことで利益を得続けた末に訪れたりする。

ポジションをねじ込んでロスカット、その損失を取り返すためのねじ込み、そしてロスカット。自分の都合先行で行われるトレードは、更にムカつく自分の都合をつくり出したりする。その末に、ロスカットをずらしてセリクラ万歳お疲れ様でしたm(__)m

「アカン」トレードをして得た利益の何倍も何十倍もの損失を食らう。そうコツコツボカンだ。トレーダーとしての矜持とお金の両方を失うハメになる。

「いい」トレードをして増やす

まさに理想的な展開だ。「いい」トレードを行うことができた上に、結果として(あくまで結果として)利益が残る。相場への感謝と畏敬の念を忘れることなく、存分に自分を褒めてやって欲しい。

ロスカットにせよ、利確にせよ、「いい」トレードを貫徹するには精神的に大小のストレスが生じる。自分をコントロールすることは難しい。とっても難しい。ゲロゲロに難しい。それができたのだ。成功体験として褒めてやってほしい。

ただし「アカン」トレードを監視し続ける努力も忘れてはいけない。悪癖というのはヒョコっと出てきて、しっかり根付いたりする。

「いい」トレードをして出した損失

その日の収支は損失だった。ただ、エントリーすべきでない所では様子見ができたし、すべきポイントでリスクを負った。負ったリスクも予め決めていたストップによってロスカットした。

利益になったトレードを褒めることは簡単だが、結果として(あくまで結果として)損失になったトレードを褒めることは難しかったりする。でも旺盛に褒めてやってほしい。

損失を許容した自分を、損失からおかしなトレードをしなかった自分を、小さな小さな執着から離れられた自分を、旺盛に褒めてやればいいと思う。

もちろん、「いい」トレードをし続けても、何回も連続で切られることもある(多発w)。苦手な相場が何ヶ月も続く時期だってある。トレーダーも人間なのでヤキモチする時期があったりする。ヤキモキしながら「いい」トレードを続けるように努めればいい。長期間のヤキモキをどう精神的にやりくりするかも、トレーダには必要な経験なのだ。

取り敢えず自分にとっての「いい」と「アカン」が分かるまでは生き残らないとな

冒頭でも触れたが、トレードにおける「いい」と「アカン」はトレーダーのスタイルや、精神的な性質によって異なる。

僕にとって、「アカン」トレードとは「大きな損失に繋がるトレード」のことなのだろう。アカンスパイラルを引き起こす引き金となりうるトレード。もっとザクッと表現すると「損失が心に落ちないトレード」なのだと思う。当たり前だが、どんな損失が心に落ちないかは「アカンスパイラル」を何度となく経験して初めて分かったりする。

つまり、自分の「いい」「アカン」が確立するまでは生き残る必要があるということ。ということはロスカットしようねということ。

ロスカットしながら、昨日より今日、今日より明日、と成長していこうねということ。少なくとも僕はそれしか知らない。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする