FXのために視聴しているたった一つの動画!そして別に見なくていいぞw

FXをしている人は「ファンダメンタルズ」という言葉を聞いたことがあるだろう。定期的に発表される経済指標や各国の経済政策の動向とかだ。雇用統計がどうだ、FOMCがどうだ、とメディアがワイワイお祭りのネタにするアレだ。

数週間、数ヶ月とポジションを保有する人はどうなのか分からないが、「基本ディトレ時々スキャル」な僕にはファンダはほぼ必要ない。それでも、ファンダを把握するために見ている動画が1つだけある。

スポンサードリンク

FXのために見ているたった一つの動画、別に見なくていいよw

10891456256_0b557c1564_z

YouTubeチャンネルの「ジョナサンワドワーズ」で、「おはよう寺ちゃん活動中」という文化放送を視聴することができる。その日のニュースからトピックを拾ってきて、評論家や有識者がコメントするという形式の番組だ。

ぼけぇ、っと聞く。別に「おはよう寺ちゃん活動中」でなくてもいいが、個人的に政治や経済に興味がある人にとって聴きやすい番組だと思う。何というか、比較的(あくまで比較的)に偏りが少ない。

ぼけぇ、っとでいいので聞く。

基本的に「おはよう寺ちゃん活動中」をぼけぇ、と聞くが、あまり時間に余裕が無いときはネット上のニュースサイトの動画で経済系のものをやっぱりぼけぇ、と聞く。TBS News(連続動画)はチェックを入れることで、観たいニュースのみを連続で再生してくれるのでてっとり早く済む。

FXでファンダは要らん!と言いつつ動画を見るのは理由もある

5804446092_4c69ea8dc4_z

ファンダはほぼ要らないと言いつつも、ファンダを把握するために動画を見るのだから理由もある。凄くシンプルな理由だ。動画を見る目的は、「どんな」イベントが「いつ」起こるのかを知るためだ。

例えば、G7がいつ開催され、いつまでなのか。これだけを知りたい。敢えて加えると、どんな議題がメインとなっているのかも知っておいて損は無いと思う。

世界の中央銀行のメンツが集合して、あれこれ発言をするので、相場は短期的に上下しやすくなる。要人発言というやつだ。

つまり、僕が知りたいのは要人発言が集中しそうな期間。突発的な動きに対して、何の情報もなかったら冷静でいるのは難しい。「えらい連中が寄り集まっている」という事実を知っているだけで「あ、誰かなんか言ったな。」と冷静に対応する事が容易になる。

発言内容や数字は気にしない、チャートがどう動いているのかだけを気にする

2016-05-23_2228

経済指標の数字や、要人が発言した内容は気にしていない。「いつ」、「どんな」経済指標が発表されるのか。「いつ」、「どんな」会合が開かれるのか。情報はこれだけでいい、というのが僕のスタンスだ。

つまり、「上」なのか「下」なのかを判断するためには一切利用しない。

情報を知った素人がどのような行動に出るのかを利用できるほど経験に富んでいるなら別だが、リアルタイムの取引を把握するためにチャートほど優れたツールはない。

情報を得ること自体は悪いことではないが、その情報をどう利用するかはFXにおいて肝になったりする。

何が起きても、誰が何を言おうとも、ある指標の数字がどうであれ、「上がる」のか「下がる」のかは実際にそうなってみないと分からないのだ。

FXには「上」か「下」か「横」しか無い。リアルタイムで実況中継を聞きたいなら、チャートの情報を元に取引を行った方がシンプルでいい。どんな理由であれチャートが示している現状こそが事実なのだから。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする