FXでは言語化して「褒めること」って大切!「当たり前」を移行する

学校や会社などでは「褒めて伸ばす」という表現をよく耳にする。個人的にはFXでも当てはまると思っていて、一日をいいトレーダーとして終えることができた日は旺盛に褒めてやることにしている。その日のトレード日誌には「え?そんなに褒めんの?」と他人に見られると顔から火が出るくらい褒めてやる。今回は、FXにおける「褒めること」について思うところを書いていくことにする。

スポンサードリンク

FXでは初心者は負けるようにできてる、といつも思う

「FXを今日から始めました!」という超初心者は例外として(この時期はある意味無敵w)、FXでは基本的に初心者がカモられるようにできている。と頻繁に思う。

上手い連中は下手な連中から安値で買い取り、そして下手な連中へと高値で売りつける。「安い」や「高い」といっても、どういった経緯で値段が変わってきたのか、何をもって「安い」や「高い」といった基準を持つのかも、経験によって随分と異なる。

経験豊かなトレーダーは初心者が「チャンスや!」と思うポイントや、悲鳴をあげて難平を重ねていくポイントもある程度想像できたりする。そういうのを利用して初心者の金を吸収していく。投機とはそういったゲームなのだ。つまり、どうやって下手っぴからお金を吸い取るかという営みであり、そのためにはどんな動きを演出するかといった営みだと思う。

ややこしいので言い換えてみる。上手い連中(ビッグプレイヤー)は初心者が不安や欲望といった感情にどのように反応するのか、を利用するのに長けているし、結果的に初心者が感情的に嫌がる動きをしてみせる。その結果として、FXにおける守るべきルールは、(ある意味意図的に)精神的に守り難いルールになってしまう。

大げさというか、ちょっとオカルトじみてもいるが、個人的には心に落ちる考えでもある。

守るべきだが、難しい、それができたら言語化して褒めてやる、を繰り返す

とはいえ、そこまで難しく考える必要もない。ここで「褒めること」の話に戻る。褒めることって大切なのだ。守るべきだが、難しい、そんなルールを守ることができたらイチイチ褒めてやればいい。

トレンドフォローのトレーダーなら、レンジ内でつまらないトレードをしなかった自分を褒める。ロスカットをずらしちゃう癖があるトレーダーは、当初のロスカットを遂行できたらイチイチ褒めてやる。結局のところ人間なんて人情に振り回される可愛い生き物なのでルールを破ってしまう時もある。そんな時に出した損失に熱くならずに、チャートから離れることができた自分だって褒めてやればいい。

大切なのは言語化して褒めてやることだと考えている。やっぱり人間なんて可愛いもんで、エネルギーを使って脳みそと手を動かしながら、言語化して褒めてやると、正しい行いとして、深い無意識の領域へと刷り込まれたりする。

「褒める」ことは「当たり前」を移行してやる作業

褒めることって大切。そして、言語化して褒めてやるって大切。その理由は深い無意識の領域へと刷り込まれるからだが、もう少し詳しく言うと、意識の奥底にあるエネルギーの引っ越し作業だと思う。

例えば「当たり前A」と「当たり前B」というのがあるとしよう。例えが悪いが、できたてホヤホヤの「ウンコを踏んだ」時の反応を考えてみる(そしてイラストが酷くてホントにすまん)。

想像して欲しい。できたてホヤホヤのウンコを踏んでしまったとき、あなたはどんな反応をするだろう。嫌だろう。腹が立つかもしれない。当たり前である。コレを「当たり前A」とする。

当たり前A

引越し作業とは、コレを「当たり前B」へと移行してやる作業なのだ。

当たり前B

ホント例えが悪いな・・・すまんm(__)m

正直言って難しい。出来たてのウンコを踏んでしまったら「飼い主こらオイ!どこやぁ!」とあたりをキョロキョロしてしまいそうだ。この当たり前の反応を「しかたないでござるぅー♥」という「新たな当たり前」へと移し替えるのだ。

絶妙なロスカットを食らってから順行していくチャートを見て、「ボケがぁ~!」とおかしなトレードをしたことはないだろうか?ボクは数え切れないくらいあるw 普通ムカつくだろw でも、ロスカットは何時だってFXにおいて正しいことだ。

「ぼけがぁ~!(当たり前A)」の反応を、「しかたないでござるぅー♥(当たり前B)」という反応へとエネルギーを引っ越しさせるのだ。「しかたないでござるぅー♥」が実行できたら褒めてやる。これを繰り返し行うことで、エネルギーを「当たり前B」へと常駐させることが(ある程度)可能となる。

分かるような分からないような内容になってしまっているな・・・。難しい。言いたいことは、文字で褒めることで、心の奥にある何かを調整できるということ。それはつまり、褒めることで「(FXにおいて)正しいこと」を刷り込むことができる。ということだ。

まぁ、まぁ、焦らずに

まぁ、焦らずに。失敗しながら試行錯誤していくしかないよ。その中でできた時はしっかりと褒めてやること。

上手い連中だって、下手な時はあった訳で、ということは嫌というほど「うんぎゃぁ~!」と言ってきたわけで、だからこそチャンスを見分けられる訳で、ということはやっぱり「生き残れ!」という訳なのでロスカットしろよ!といつもと同じ感じで今回も終わる。

FXコラムを合わせてどうぞ

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする