FXではルール的トレードと直感的トレードがあったりする

Sky Walker

もう何年もチャートに向かう毎日を過ごしている。相場にもよるがほぼ毎日トレードをしている。お仕事なのだ。

FX初心者の人はこう思うかもしれない。全てのトレードにおいて、ルール通りに淡々と・・・、と。

もちろんそういう日もあるが、「おらボケカス、クソビッチのブタ野郎が!」なんて意味のない罵倒を繰り返したりもする。でもちゃんとロスカットをするので結果的に利益が残る。その程度だ。

ルール通り淡々と・・・ではない。また、直感的にポジションを建てることも稀にある。今回はFXトレードにおける「ルール」と「直感」について自分の考えを書いていきたい。

スポンサードリンク

FXにおけるルール的トレード

rules

ディトレードでもスキャルピングでも、きちんとしたルールがあったりする。1時間以上の足で方向感を確かめ、それ以下の足を見て「こうなったら、こうしよう。」とシナリオを描く。実際にポジションを建て、順行したら利益になるし、逆行したらロスカットをする。

1時間以上の長い時間軸で狭いレンジになっていたり、髭ばっかりのチャートだったりすると「は?分からへん。やらんとこ・・・。」ということで様子見を決め込んだりもする。

言葉にすると何の事はない。どの書籍でも書いてあるようなことをする。

FXにおける直感的トレード、なんか「ピンっ!」ときちゃう時があるんだわ

Idea - Foster's Chill Head

直感的にポジションを建てることがある。スキャでもディでもある。なんと説明したものだろうか、「ピンっ!」と来るのだ。感覚的なところなので言葉で説明するのは難しい。

ローソク足を見ていて、「強っ!!!!」や「弱っ!!!!」とかで即座にポジることだってある。「ピンっ!」ときてしまうのだ。きっと自分の経験を元に、半ば無意識に比較したりしてるのだと思う。

もちろん、四六時中ピンピンくる訳でもないし、「ピンっ!」ときてもポジションを建てないことだってある。感覚で現状を認識し、感覚で決断を下したりする・・・こともある。

この「直感的トレード」はルールに沿っていなくても、自分の中で「やったらアカンこと。」という訳でもない。説明がクソ難しいな・・・。つまり、ボクの中で「あり」なのだ。

直感的に建てたポジションが(あくまで結果的に)思った方向に進んでくれたら利確できるし、逆に向かったらロスカットする。

ルール的トレードと直感的トレードがはっきりと分けられないトレードもあるぜ

直感的に建てたポジションが結果的に(あくまで結果的に)利が乗っている。こういうときは、普段のルールを適応して付いていったりする。

つまり、直感的にエントリーをし、ルール通りに手仕舞うのだ。そういうこともある。

ルールと直感と、自分のスタイルについて

「ルール」がどんなものなのか、自分の失敗や成功の経験に基づいているなら何だっていい。

直感に従ったトレードを行うかどうかも、それぞれのトレーダーのスタイルにより異なる所だろう。ただ、FXを始めて間もない初心者の方にはお薦めしない。

そもそも、直感が発動するほど相場のことが分かっていないし、FX初心者の「ピンっ」は、往々にして感情から流れてくるものだからだ。

何にせよ、ルールに沿っていようが直感であろうが、逆に向いたらロスカットをする。それができているのなら何でもいいのだが。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする