FXって人生と同じだなぁと思う件、今を見つめる大切さ

オッサンはいいことを言う。よく行くバーで交流のあるオッサンだ。今や少しオッサンの僕も若い時に世話をやいてくれたオッサン。このオッサンはいちいち心に落ちる言葉をくれる。

スポンサードリンク

過去に囚われず、未来に頭を抱えるな。今を見つめんさい!

「過去に囚われず、未来に頭を抱えるな。今を見つめんさい!ただしちゃんと反省はせい!」みたいなことをオッサンは言った。

今目の前にあることをしっかりやりなさい、ということだ。そのままそっくりFXの話として聞いてもためになる言葉だと思う。

FXで過去のポジションが現在の取引に影響してしまうことがある。巻き戻せない、既に起きてしまった事柄に感情は揺さぶられる。逆に分からないはずの未来に振り回されてしまうことも。

連敗にムカムカして難平祈祷師になってみたり、不安でエントリーできなかったり、微益で食ってみたり・・・ect。FXをしている限りこういう失敗を誰もが経験し、これさえ無くせばと悩んだりする。過去の不快に拘り、未知の未来に怯えた結果、現在の自分が抱えているものとは何なのだろうね。

では、利益を出しているトレーダーは完全に過去や未来と別の次元でトレードできているのだろうか。もちろん振り回される程度の差はあるが、そうでも無い。

ムカつくときはムカつくし、願っていたことが起こると嬉しく感じる。時にそれらに振り回されたと感じることもある。

「難しいんやこれが、人間やからな。」オッサンと話をしていてこういう話に落ち着いた。

過去と未来に拘ってしまうのが人間なのだろう。拘ってしまう自分が存在しているということ。更には拘りを100%捨てることは恐らくできないと知ること。その困難さを認めたうえで、どうすれば振り回されにくい状態に持っていけるのかを探求すること。こういうのが大切だと考えている。

心の奥底のお話になるので、個人個人が違う回答を見つけるのだろう。他人の手法では上手くいかないのは当然のことだ。

しっかりと「今」を見つめて行動すること。人生でも、FXでも、その大切さは変わらない。

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする