FXで利確まで保有するための役立つ方法論を一つ提案! ポジ中に心情メモを取るべし

相場に関していつも思うことがある。それは、結局のところ「分からない」ということ。ポジションを建てた直後は「どうせ切ってくんだろ?」と思ったり、少し利が乗っても「どうせ戻ってくんでしょ?」なんていつも思う。そのまま切られたり、利が乗っていても安いところでストップに掛かることが大半だったりする。「分からない」ので撤退するしか無い。

「分からない」ということで、何らかのルールに沿って行動する必要があるのだが、「分からない」ことに対して、常に決まった行動を実行に移すのは思っているより難しかったりする。

今回は、FXにおける「分からない」を考えつつ、「分からない」ことに対処するための一つの提案をしたいと思う。

関連:FXについて、「分かる」と「分からない」に分けて語ってみることにする

スポンサードリンク

「分からない」ことに一定の行動を取り続けるのはスゲェ難しいぞ

image by Ryan Milani

上へ下へとチャブチャブしていた相場に一応の決着がついたと決め、ポジションを建てる。でも、今しがたまでチャブチャブしていたので、チャブついた感はまだ少し残っている。

このチャブついた動きが、不安やハラハラを増大させたりする。ポジ直後の、まだ少しチャブついた相場を見ながら、微益で利食ってからぶっ飛び順行をしてみせた記憶が脳みそを駆け巡る。チャブチャブの末に切られてから順行していく記憶が脳みそをよぎる。などなど、色んな記憶が頭の中で浮かんでは消える。

そんなこんなで、ある程度の安くない利益をみると、食いたくて仕方がない。というのは人情なのだと思う。ここで一回クリックするだけで、その金額はチャリンとお財布に入ってくるのだ。当たり前の感情だと言える。

「分からない」ことに対して、人間が取る反応はそれぞれだろう。「分からない」のだから食ってしまうのも悪いことではない。この最たるものがスキャルピングだったりする。また、「分からない」のだから持っておくのも良し。正解は存在しない。

関連:FXでスキャルピングを控える相場と自分の状況7つ挙げてみる!

ただ、この「分からない」相場に対して、常に一定の対応を取り続けるのは難しい行為で、相当な訓練と経験が必要だったりする。

ポジ中に心情メモ取ってみ! 不思議と心が落ち着いたりする

image by Takumi Tsutaya

ここで、一つ持ち続けるために役立つ方法論を一つ提案してみたいと思う。ポジション保有中の心の動きをメモしてみるといい。

人間なので、不安などの感情面を完全に押さえつけることは不可能だ。「食いたい感」や「どうせ切ってくんでしょ感」を完全に消し去ることはできない。

ただ、ポジション保有中の心情を言葉として書くことで、自分が抱えているストレスやネガティブな感情を客観的に把握できたりする。また、恐らく、心の内面で処理仕切れないストレスを、紙に書くという行為がいいのだろうと思う。不思議と気持ちが整理できたりする。

もちろん、持ち続けたからと言っていつもガッツリ利益が乗るわけではないし、心情をメモに取るだけで完全に保有できるというわけでもない。恐らく、統計的な心の落とし所も大きな要因だと思われる。

ただ、利確目標までポジションを保有することに難しさを感じている人は、心情メモを取ることを試してみるといい。

ポジションを保有するための助けになるし、「食いてぇ~~!」なんて表現が連発するので、後から見返してみても面白かったりする。

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする