【FX用語集】順張りとは?「ジャイアン vs のび太」で勝ちそうな方に賭けること

僕は、スキャルピングでもディトレードでも「順張り」のトレーダーだというアイデンティティみたいのがある。今回は「順張り」って何だろうね、ということを考えてみる。

スポンサードリンク

トレンドと同じ方向にポジションを建てる「順張り」

チャートがどちらか一方へのトレンドを示している。そのトレンドと同じ方向へポジションを建てる。当たり前だがコレが順張り。

では、「トレンドを示している」とはどのような状態なのか。状況の把握はシンプルな方がいい。メインで見ている時間軸で「切り上げ」や「切り下げ」が起きている状態を「トレンドが出ている」という・・・ことにする(実際には公式な定義などないしどうでもいいがw)。
2016-11-01_1741
図は適当なのであんまり気にしなくていい。ただ概念として捉えて欲しい。

上図では概念として分かりやすく描いたが、実際の相場では色んなトレンドがある。具体的には、切り上げ(下げ)の時にズボボッ!と勢い良く抜いてくる時もあるし、ちょっと抜いてはすぐ戻し・・・なんて場合も多々ある。

トレンドとはジャイアン vs のび太な相場!「順張り」とはジャイアンに賭けること

2016-11-01_1739

ジャイアンとのび太が喧嘩をしたとしよう。なんとオッズは1:1だ。あなたはどちらが勝つかにお金を賭ける事ができる。FXでいう「順張り」とはジャイアンが勝つ方にお金を賭けることだと考えている。だって・・・ホラ、勝ちそうだろw

例えば、「出木杉くん vs スネ夫」というのはどうだろう。なんともイメージしにくいだろう。どちらが勝ってもおかしくなさそうだ。どういう喧嘩になるのかも想像できない。口喧嘩になるのか、頭脳戦になるのか、、、もはや「ドラえもん」っぽくない。

「出木杉くん vs スネ夫」的チャート
2016-11-01_1742

それでは、「ジャイアン vs のび太」的なチャートを見てみよう。
2016-11-01_1744
次はどちらの方向に行く確率が高そうか。僕はジャイアンに賭ける。だって・・・ホラ、勝ちそうだろw 売ってた方が勝てそうだろw 勝ちそうな方に賭ける。

一言に「順張り」と言ってはみるが、スタイルによって色々あると思うぞ

FXでよく言及される「順張り」。とはいえ、トレードスタイルによって色々な順張りがあるとも考えている。つまり、「順張りの順張り」もあるし、「順張りの逆張り」みたいのもある。

順張りトレーダーを100人集めたとしても、皆が同じタイミングでエントリーするわけではない。相場の状況にもよるだろうし、丁度チャートを開いた時がいい押し目(戻り)のタイミングだったから取り敢えずポジション建てとくか、ということもある。

また、どこで利食いするのかも人それぞれだろうから「順張り」の捉え方も異なったりする。

でも、あくまでデイトレーダー目線の順張りをもちょっと考えてみる・・・とも考えたが随分と話がややこしくなりそうなので止めることに・・・とも考えたがやっぱ頑張ってみるw あくまでも個人的な見解で、正解などないのであまり気負わずに見て欲しい。

「順張りの逆張り」・スキャルパーにとっては逆張りだったりする

2016-11-01_1740

メインとしている時間軸でレンジを脱出したとする。「押し目」を拾ったとする。メインとしている時間軸よりも、短い時間軸では下がってる所を拾っている。スキャルパーとしては逆張りだが、ディトレーダーとしては順張りとも言える。

「順張りの順張り」

2016-11-01_1743

「順張りの順張り」というのもあると思う。ブレイクアウトから乗っかろうとする(①)のは「順張りの順張り」だと言える。「戻ってくんなよボケっ!」とハラハラすることもあるw

また、②ではメインよりも短い時間軸での切り上げを確認してからポジションを取る。コレも「順張りの順張り」と言える。2つの時間軸で切り上げが始まったのを確認したというわけだ。トレンドが強い局面では戻ってすらこなかったりするので置いて行かれて「置いてくなよボケっ!」ということもあるw

「順張りの順張りの順張り」とかもあったりする

見出しに「順張り」と入れすぎてぷちスパムっぽくなってきたなw 「順張り」を究極的に追い求めた形が「順張りスキャルパー」なのだと考えている。僕のスキャルピングではティックレベルにまで順張りを採用する。

FXでの「順張り」について・・・最後に

図を入れながら「順張り」について考えてみたが、本当に気にしないで欲しい。人それぞの「順張り」スタイルがあればいいし、それぞれのエントリーと利食いがあればいい。ちゃんとロスカットできている限りにおいて問題はない。どのスタイルでもヤキモキやイラつくポイントがあるし、逆に旨味もあったりする。もっと言えば相場による。また、僕はスキャでもディでも順張りトレーダーだが、逆張りを否定する気もまったくない。

結局のところ、長い時間を相場と過ごし、色んな成功や失敗をしながら「手法」と「トレーダーとしての性質」が歩み寄るポイントに落ち着くのだと思う。ということは、その自分自身の歩み寄りポイントを手にするまで生き残るためにロスカット頑張っていこうね!!といつもの感じで終える。

FX用語集をあわせてどうぞ

スポンサードリンク

ちょっとした反応があると、単純なボクは喜んでしまい、更新頻度とか上がりますw

フォローする